SDGs

私たち株式会社ヒロセオールはSDGs(Sustainable Development Goals,持続可能な開発目標)に取り組んでいます。

 SDGs(Sustainable Development Goals,持続可能な開発目標)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人として取り残さない」ことを誓っています。

 私たちは地方創生を旗印に掲げる会社として、高知県仁淀川町でのマッシュルーム生産事業のなかで、出来ることからSDGsに取り組んでいます。

 SDGsの掲げる17のゴール(目標)の中には仁淀川の大自然の恩恵を受けつつ、安全安心なマッシュルームを皆様にお届けする責任を持つ、私たちの使命も含まれています。

 「飢餓をゼロに」「働きがいも経済成長も」「つくる責任つかう責任」「陸の豊かさも守ろう」・・・どれも私たちが自分ごととして取り組むべき課題です。

 フードロスの削減や環境にやさしい包装の検討、働きやすい職場作りなど、普段取り組んでいることも、俯瞰してみれば、地球規模での取り組みを少し前進させる力になっている。そう考えると明るく前向きに仕事に取り組めるような気がします。

 弊社のSDGsへの取り組みは今後とも当ホームページで発信していきます!!引き続きによどマッシュルームとヒロセオールをよろしくお願い致します。